2013年07月30日

参議院選挙が終わって

野党の分裂の為に与党の圧勝に終わった選挙でした。 エジプトでは軍が介入してイスラム原理主義の大統領を更迭し、新たな大統領の下で再度、大統領選挙を行わせようとしています。 一方、USAでは議会とのねじれ状態が続き、公務員の強制休暇によって歳出抑制していますが、それでも大した混乱は起きておりません。
大統領を直接選ぶUSAでは、議会とのねじれが頻繁に発生するので慣れているとも言えます。
日本は議員内閣制なので衆議院の過半数を得た人物が首相となりますが、政党政治なので過半数を得た政党の党首、即ち、政党の過半数を得た人物が首相となるわけです。 USAでは国民の過半数が支持した人物が国家の指揮を執るのですが、日本では国民の1/2の1/2=1/4しか支持しない人物が国家の指揮を執ることになります。 又、1票の格差は約2倍ですので国民の1/8の支持しかない人物が首相に選ばれる可能性だってあります。 TTP参加を機に選挙制度を米国式に改めた方が良いと思いますが・・・・・。
さて、東京電力が刈羽崎原発の再稼動を目指して、安全審査の申請を行いました。 たしか中越地震の際に建物の周囲に地割れが起こり、火災も発生しましたその様な原発の再稼動は如何な物かと思います。 それより、今年度から実証試験が始まった福島のように、原発の沖合いに風力発電所を浮かべた方が良いのではないでしょうか? 浮体式海上施設は世界中に何千とあり、今更ながら実証試験などおかしな話で、これも大学が補助金をもらう為の方便としか思えませんが、 潜水艦を製造している川崎重工や三菱重工は、浮体式の風力発電施設などお茶のこさいさいの筈ですので、日本国の為に風力発電事業に参入しては如何でしょう。
自然エネルギーを用いた発電は初期投資は大きいのですがランニングコストが低いですから、海外の天然ガス価格や原油価格に左右されず、しかも、輸入コストは必要ないのです。 世界3位の海洋域を持ち、温泉大国を自負するのなら、これら自然エネルギーを前面に立てて経済運営をすべきと考えます。
posted by きつね at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。