2013年05月27日

原子力関係者はTPPでアメリカの危機管理体制を導入しては如何?

茨城県の原子力機構(略)が実験中に事故を起こして24人が被爆し、更に実験棟外にも放射性が漏れ出したと言う事故が起こりました。 ついこの間、原子力規制委員会から「この様な組織が存在する事が不適切」との指摘を受けたばかりの事故です。 実験を担当していたのは多分一流大学の原子力工学を学んだ方々で、事故など起こる筈がない体制で実験を行ったと思いますが、何故か事故が起こるのは何故でしょう?
我々は複雑なシステムを運用しなければならない時、マニュアルを見ながら操作する事が基本ですが、マニュアルには「この順番でやれば上手く行く」と言う手順しか書いていない事が多いのです。 すなわち、順番を違えたり、手順を飛ばしたりした場合にどの様な弊害(事故)が起こるのかが書かれていない事が多いのです。
従って、事故を起こしてはならないシステムの運用には、シュミレーション訓練が必要で、航空機のパイロットは定期的に飛行シュミレーションで事故が発生した場合の操縦訓練を行い、度重なる訓練でマニュアルを見なくても完璧に操作出来るようにしております。 又、アメリカでは福島原発の事故以前から緊急炉心冷却装置を作動させ、作動状況(作動音や振動、冷却水の減り具合、炉心温度の変化)を数年に一度確認しており、
更に、原発事故以降は外部から直接冷却水を注入出来るように新たに配管を増設し、実際に注入出来るかの試験も行うと言う事です。
 一方、我が国の原子力関係者は頭で考える事だけで、「事故は起こらないから訓練は必要ない。」と、緊急炉心冷却装置の作動試験は行わない。 炉心に冷却水供給装置を付けたが、注入試験は行わない。 又、福島原発の地下タンクの漏洩事故さえ原因不明。 地下水が原子炉に漏洩して汚染水が日々増えていっているのに、地震では建物は壊れておらず、津波で壊れたと訳の判らない弁明をする。 問題が多いTPPではありますが原子力関係者にこそTPPでアメリカの危機管理体制を導入してもらいたいものです。
posted by きつね at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。