2012年04月30日

危機管理の欠如は創造性の欠如が原因

ゴールデンウイークが始まる前に、登校する小学生の列に自動車が突っ込み、死亡させる事故が連続して発生しました。 亡くなられた方々や親族の方々には心よりおくやみを申し上げます。
さて、事故が起こった道路は昔ながらの歩道が白線が書かれただけで、狭く、道が殆ど直線で、通常であれば、何故この様な場所で死亡事故が起こるのか? と思わせる道路でした。
しかし、ニュースでは国道の迂回路として通学時の交通量が多い事、歩道が非常に狭く、ガードレールも無いこと等、その道路についての危険性が言われております。 また、この様な通学路は全国に多数存在する事も指摘されていました。
通学路は教育委員会や警察、地域の意見を入れて行政長が指定すると思うのですが、その際の前提条件に、無免許で、一晩中寝ずに運転する人間がその道路を通る事などは有りません。 行政としては一般常識者が十分な善意の注意を持って運転する事しか想定に無いのです。 その想定では非常に甘い安全対策しか必要ない事になります。 それが今回の死亡事故の原因です。 そこには福島の原発事故と同じ現象が見られます。
原発は万が一にも事故が起こらない事が前提にないと稼働してはならないのは、今回の事故で十分判明したのですが、その原因も分からないまま再稼働しようとしています。
危機管理において非常に甘い想定は、重大事故を防ぐ事が出来ません。 想像力が欠如した人間には無理なので、米国の危機管理組織では映画の脚本家等の意見を取り入れてテロや災害の対策をしていると聞きました。
一般企業にとっても危機管理は重要です。 その際、一般常識者が十分な善意の注意を持って仕事をする事を前提にすると、ファナックの様な企業スパイや、本日起こった夜行バスの事故が起こります。 そして、企業は市場から退出させられるでしょう。
posted by きつね at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

新年度は地方分散化の節目の年

 新年度が始まりました。 今年度もサポイン事業を続行出来ることになりホッとしています。

 さて、東京電力の大口顧客向けの値上げがTVを賑わしております。 企業や行政機関はおろか、病院も値上げとなり、東京電力管内は実質上の増税された様なものですね。 関東への一極集中が効率的であった時代が終わって、地方分散の時代になる節目の年になるのではないでしょうか。
 現在、PEFCやSEFC等の燃料電池の開発が行われております。 弊社もPEFC用の材料開発を行なっているのですが、原油価格が高騰して行けば現在は発電コストが高い燃料電池発電が注目されるのではないでしょうか? 更に、燃料電池は天然ガスやプロパンガスから水素を取り出す事で駆動させる事が出来ますし、メタンハイドレードからも生成可能です。 なんと言っても発電所を分散化出来て、大地震等の災害に強いインフラにする事が可能です。
 昔から日本人は分散化によって災害を減災していました。 釘を一本も使わない奈良時代の寺社仏閣や、洪水を減災させる信玄堤等、現代人はもっと謙虚に過去の技術を評価する必要があると思います。
posted by きつね at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。